オシャレなホームページを作るための技術

内容を詰め込み過ぎない

ホームページを作る時に気をつけたいのは、ごちゃごちゃした感じにしないことです。あれこれ詰め込みたくなるのは分かりますが、結局どこを見ていいのか分からない作り方をしてしまうと意味がありません。オシャレに見えないホームページの典型が、内容を詰め込み過ぎたものです。見せたいものは何かをまずまとめておきましょう。まず、何のホームページであるかを伝えることです。色の傾向を揃え、フォントも統一しましょう。フォントは加工するよりも小さめのサイズでスッキリ入れた方がオシャレになります。シンプルなものが近年はトレンドです。加工して見せたくなる人も見られますが、逆にオシャレ感を損なってしまう方が多いので、スッキリまとめましょう。

写真や線を効果的に使う

写真は内容に合わせて効果的に使いましょう。四角いまま入れるよりも左右上下のどこか一片をぼかすと綺麗でオシャレです。ぼかす箇所は文字が入る方にすると見やすくなります。そして入れ過ぎないことです。1ページに内容の異なる内容をいくつか挿入する場合には、コーナーごとに線で区切ると分かりやすくなります。太めの線ではなく細めにするのがポイントです。大きく取り扱いたい写真は一片をぼかすだけでなく、全体のトーンをかなり落として文字の背景に使うという方法もあります。この時、文字に白フチなどつけてはいけません。文字の視認性が良くなるまで写真のトーンを落とすのがポイントです。内容を絞り、色の傾向とフォントを揃えて写真や線で効果を出すのが、オシャレなホームページ作りのコツではないでしょうか。

ホームページ作成講座は、パソコンの初心者であっても、サイト運営に関するノウハウを学ぶことができるというメリットがあります。